*

[食品乾燥機・電子レンジの乾燥比較テスト]れんこん・大根・人参

食品乾燥機と電子レンジの乾燥比較
ラボネクト株式会社では干し野菜やドライフルーツを作ることができる食品乾燥機の販売を行っております。

干し野菜やドライフルーツを作る方法として食品乾燥機を使用する以外にも「天日干し」や「電子レンジ」を使用して作る方法もあります。

以前に食品乾燥機と天日干しの乾燥時間の違いや仕上がりの違いはいろいろとテストを行いましたが、今回は食品乾燥機と電子レンジの比較テストを行いたいと思います。

 

過去に行った天日干しと食品乾燥機との比較の記事は↓をクリック

きゅうり、ピーマン、ぶなしめじの比較テストの詳細は下記リンクよりご覧頂けます。
[干し野菜作り] きゅうり、ピーマン、ぶなしめじを野菜乾燥機と天日干しで比較テスト

キャベツ、人参、カボチャの比較テストの詳細は下記リンクよりご覧頂けます。
[食品乾燥機vs天日干し]キャベツ、人参、カボチャで比較テスト

大根の比較テストの詳細は下記リンクよりご覧頂けます。
[比較]切り干し大根を野菜乾燥機と天日干しで乾燥させた結果

小松菜、ほうれん草、茄子の比較テストの詳細は下記リンクよりご覧頂けます。
[野菜乾燥機vs天日干し]小松菜、ほうれん草、茄子で比較テスト

Contents

干し野菜作りに使用する食品乾燥機「ドラミニ」

家庭用食品乾燥機ドラミニ

  • 小型乾燥機ですが6段トレーで約3kgの乾燥を1度に行えます。
  • 温度設定可能、タイマー付の高機能です。
  • 電気代も1時間で3~4円と省エネです。
  • 静音仕様のため作動音も静かです。

価格:¥26,800

実際に食品乾燥機「ドラミニ」を使用されたお客様の声は下記をクリック
食品乾燥機ドラミニを使用したお客様の声一覧

 

れんこん・大根・人参を乾燥させる為に使った電子レンジ

食品乾燥機「ドラミニ」との乾燥比較に使用した、

500w~700wの調節が可能な家庭用電子レンジです。

食品乾燥機と電子レンジの乾燥比較

 

干し野菜作り(れんこん)の手順

水洗いをしたれんこんを用意し、5㎜~1cm程の間隔にカットします。

れんこん カット

 

食品乾燥機で干しれんこん作りを行います

乾燥前重量225gのれんこんを食品乾燥機にのせ、設定温度60℃で乾燥させます。

食品乾燥機で乾燥前 れんこん

乾燥前れんこん

 

6時間乾燥後のれんこん

乾燥前重量225g→6時間乾燥後72g

皮の部分の色が変わりました、調理の時でも黒く変色するのはポリフェノールの一つの

タンニンが変化する為で人体に害はありません。

食品乾燥機で6時間乾燥後 れんこん

ほぼ水分はありませんが、触ると柔らかいので内部には水分は残っています。

食品乾燥機で6時間乾燥後 れんこん

 

12時間乾燥後のれんこん

乾燥前重量225g→6時間乾燥後72g→12時間乾燥後60g

見た目は特に変わりありませんが、れんこんが乾燥によって硬くなりました。

食品乾燥機でれんこん乾燥 12時間後

力を入れるとパリッと乾いた音がして折れます。

食品乾燥機でれんこん乾燥 12時間後

12時間以上乾燥を続けても、れんこんの重量は減少しませんでした。

野菜乾燥機「ドラミニ」を使うと、れんこんは12時間程度の乾燥で

ほぼ水分が無くなった状態になるということになります。

 

電子レンジでれんこんの乾燥

先程と同じようにカットしたれんこん225gを、電子レンジを使って乾燥を行います。

電子レンジでれんこん乾燥前

600wの設定で、

電子レンジ 600wに調節

水分を吸収させる為クッキングシートをレンコンの下に敷きます。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01181%e6%af%94%e8%bc%83

 

電子レンジでレンコンを4分間乾燥

乾燥前重量225g→1分乾燥後214g→4分乾燥後175g

4分乾燥 れんこん 電子レンジ

まだしっとりしていますが、乾燥が進み硬く、少し形が反ってきました。

4分乾燥 れんこん 電子レンジ

 

電子レンジでれんこんを8分間乾燥

乾燥前重量225g→1分乾燥後214g→4分乾燥後175g→8分乾燥後125g

8分乾燥 れんこん 電子レンジ

れんこんの端の方から、少しづつですが水分が無くなっています。

8分乾燥 れんこん 電子レンジ

 

電子レンジでれんこんを13分間乾燥

乾燥前重量225g→1分乾燥後214g→4分乾燥後175g→8分乾燥後125g

→13分乾燥後66g

13分乾燥 れんこん 電子レンジ

レンジを開けたとき、フライドポテトのような良い匂いです。

ザラザラとした手触りです、触ってみて水分は感じません

13分乾燥 れんこん 電子レンジ

 

電子レンジでれんこんを14分間乾燥

乾燥前重量225g→1分乾燥後214g→4分乾燥後175g→8分乾燥後125g

→13分乾燥後66g→14分乾燥後59g

14分乾燥 れんこん 電子レンジ

13分のものより急に乾燥が進み、カリカリの状態になりました。

色も茶色に変色が増え、レンジも焦げ臭いです。

14分乾燥 れんこん 電子レンジ

 

電子レンジでれんこんを15分間乾燥

乾燥前重量225g→1分乾燥後214g→4分乾燥後175g

→8分乾燥後125g→13分乾燥後66g→14分乾燥後59g→15分乾燥後55g

15分乾燥 れんこん 電子レンジ

途中で煙が出てきたので停止させました。

水分が無くなり焦げ付いている部分があります。

15分乾燥 れんこん 電子レンジ

電子レンジでれんこんの乾燥は15分で焦げ付きが出たので終了です。

重量は55gになりました。

 

干し野菜作り(大根)の手順

水洗いをした大根を用意し、

水洗いした大根

ヘタを切り除き、5㎜~1cm程の間隔にカットします。

ヘタを切った大根

大根をカットしています

 

食品乾燥機で干し大根作りを行います

乾燥前重量445gの大根を食品乾燥機にのせ、設定温度60℃で乾燥させます。

ドラミニ 乾燥前 大根

ドラミニ 乾燥前 大根

 

6時間乾燥後の大根

乾燥前重量445g→6時間乾燥後57g

乾燥前の大根よりも大きさがとても小さくなりました。

ドラミニで大根乾燥6時間後

触ってみてしわしわと柔らかいです、水分はまだ含まれています。

ドラミニで大根乾燥6時間後

 

12時間乾燥後の大根

乾燥前重量445g→6時間乾燥後57g→12時間乾燥後27g

見た目は特に変わりありませんが、大根が乾燥によって硬くなりました。

ドラミニで大根乾燥12時間後

力を入れるとパキッと乾いた音がして折れます。

ドラミニで大根乾燥12時間後

12時間以上乾燥を続けても、大根の重量は減少しませんでした。

野菜乾燥機「ドラミニ」を使うと、大根は12時間程度の乾燥で

ほぼ水分が無くなった状態になるということになります。

 

電子レンジで大根の乾燥

先程と同じようにカットした大根445gを、電子レンジを使って乾燥を行います。

電子レンジで大根の乾燥

 

電子レンジで大根を3分間乾燥

乾燥前重量445g→1分乾燥後439g→3分乾燥後410g

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01253%e6%af%94%e8%bc%83

手で持つとまだまだ柔らかいです。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01254%e6%af%94%e8%bc%83

大根の水分がクッキングシートに吸収されて重いです、

クッキングシートを交換し乾燥を続けます。

水分が染みたクッキングシート

 

電子レンジで大根を12分間乾燥

乾燥前重量445g→1分乾燥後439g→3分乾燥後410g→12分乾燥後316g

大根の水分がレンジ内部に付着しています。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01266%e6%af%94%e8%bc%83

大根の端っこが茶色く変色が見えます。

まだ柔らかいですが、ところどころ乾いています。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01309%e6%af%94%e8%bc%83

 

電子レンジで大根を36分間乾燥

乾燥前重量445g→1分乾燥後439g→3分乾燥後410g→12分乾燥後316g→36分乾燥後80g

大根はなかなか電子レンジでも乾燥が進まないようです。

36分間乾燥して重量の減少はありますが見た目あまり変わりありません。

レンジを開けたとき、少し焦げ匂いです。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01312%e6%af%94%e8%bc%83

硬かったり、柔らかかったりとムラのある乾燥です。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01313%e6%af%94%e8%bc%83

まだ内部には水分は残っている様子です。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01314%e6%af%94%e8%bc%83

 

電子レンジで大根を39分間乾燥

乾燥前重量445g→1分乾燥後439g→3分乾燥後410g

→12分乾燥後316g→36分乾燥後80g→39分乾燥後54g

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01317%e6%af%94%e8%bc%83

多少柔らかい所もありますが、ほぼ乾燥しています。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01318%e6%af%94%e8%bc%83

 

電子レンジで大根を42分間乾燥

乾燥前重量445g→1分乾燥後439g→3分乾燥後410g

→12分乾燥後316g→36分乾燥後80g→39分乾燥後54g→42分乾燥後16g

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01325%e6%af%94%e8%bc%83

こちらもれんこん同様、途中で煙が出てきたので停止させました。

全体的に焦げ付いています。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01327%e6%af%94%e8%bc%83

電子レンジで大根の乾燥は43分で焦げ付きが出たので終了です。

重量は16gになりました。

 

干し野菜作り(人参)の手順

水洗いをした人参を用意し、

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01154%e6%af%94%e8%bc%83

ヘタを切り除き、5㎜~1cm程の間隔にカットします。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01161%e6%af%94%e8%bc%83

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01163%e6%af%94%e8%bc%83

 

食品乾燥機で干し人参作りを行います

乾燥前重量351gの大根を食品乾燥機にのせ、設定温度60℃で乾燥させます。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01171%e6%af%94%e8%bc%83

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01172%e6%af%94%e8%bc%83

 

6時間乾燥後の人参

乾燥前重量351g→6時間乾燥後47g

乾燥前の人参よりも大きさがとても小さく、硬くなりました。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01285%e6%af%94%e8%bc%83

触ってみてまだ柔らかいです、水分はまだ含まれています。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01286%e6%af%94%e8%bc%83

 

12時間乾燥後の人参

乾燥前重量351g→6時間乾燥後47g→12時間乾燥後41g

人参が乾燥によって硬くなりました。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01363%e6%af%94%e8%bc%83

力を入れると乾いた音がして折れる程乾燥しています。

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01364%e6%af%94%e8%bc%83

12時間以上乾燥を続けても、人参の重量は減少しませんでした。

野菜乾燥機「ドラミニ」を使うと、人参は12時間程度の乾燥で

ほぼ水分が無くなった状態になるということになります。

 

電子レンジで人参の乾燥

先程と同じようにカットした人参を、電子レンジを使って乾燥を行います。

電子レンジの素材を置く皿が小さいので、158gと量を減らして乾燥させます。

dsc01329

 

電子レンジで人参を3分間乾燥

乾燥前重量158g→3分乾燥後131g

dsc01330

乾燥前の人参より少し柔らかくなっています。

dsc01332

 

電子レンジで人参を12分間乾燥

乾燥前重量445g→3分乾燥後131g→12分乾燥後45g

dsc01343

ムラのある乾燥ですが、硬く乾いているものとまだ柔らかいものがあります。

dsc01344

 

電子レンジで人参を15分間乾燥

乾燥前重量445g→3分乾燥後131g→12分乾燥後45g→15分乾燥後24g

dsc01350

ほぼ乾いた状態です。

dsc01351

 

電子レンジで人参を16分間乾燥

乾燥前重量445g→3分乾燥後131g→12分乾燥後45g→15分乾燥後24g

→16分乾燥後18g

こちらもれんこん・大根同様、途中で煙が出てきたので停止させました。

dsc01355

黒く焦げ付いています。

dsc01356

乾いていて、手触りはカサついています。

dsc01357

電子レンジで人参の乾燥は16分で焦げ付きが出たので終了です。

重量は18gになりました。

 

出来上がった干しレンコンの比較

左 食品乾燥機で乾燥したれんこん      右 電子レンジで乾燥したれんこん

dsc01670

食品乾燥機で作った干しれんこんは、比較的変色が少なく

見た目は綺麗な仕上がりです。

dsc01671

電子レンジで作った干しれんこんは、乾燥させる途中で焦げ付いてしまい

茶色く変色しています。

dsc01672

この2つをそのまま食べ比べてみました。

両方パキっとした良い歯ごたえです、味としては食品乾燥機の方は

少し粉っぽいですが、電子レンジで作ったれんこんは香ばしく

そのままでも十分美味しく食べれます。

 

出来上がった干し大根の比較

左 食品乾燥機で乾燥した大根      右 電子レンジで乾燥した大根

dsc01673

食品乾燥機の大根はパリパリとした状態です、変色はほぼありません。

dsc01674

電子レンジの大根も、れんこんと同じく乾燥の途中に焦げ付いてしまいました。

dsc01675

2つそのまま食べてみた感想は、両方ともほのかに甘く美味しいです。

電子レンジの大根の方が歯ごたえが良く食べやすいです。

 

出来上がった干し人参の比較

左 食品乾燥機で乾燥した人参      右 電子レンジで乾燥した人参

dsc01676

食品乾燥機の人参は乾燥前より小さくなり、形は変わりましたが

乾燥の変色はほぼ無くきれいな見た目です。

dsc01677

電子レンジで乾燥させた人参も変色はありませんが

少し焦げ付きました。

dsc01678

2つともそのまま食べてみました。

両方とても甘く、このまま野菜チップスとしておいしかったです。

食品乾燥機の方が甘さが強く出てると感じました。

電子レンジの人参は香ばしく、パリパリとして食べやすいです。

 

食品乾燥機vs電子レンジの結果

食品乾燥機を使用すればれんこん、大根、人参は12時間乾燥させるとほぼ水分はなくなります。

電子レンジで乾燥させると、れんこんは約15分、大根は約40分、人参は約16分程で完全に乾燥するようです。

 

食品乾燥機で作った干し野菜

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01679%e6%af%94%e8%bc%83

 

電子レンジで作った干し野菜

%e9%a3%9f%e5%93%81%e4%b9%be%e7%87%a5%e6%a9%9f%e3%81%a8%e9%9b%bb%e5%ad%90%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8dsc01680%e6%af%94%e8%bc%83

電子レンジで作った干し野菜は、食品乾燥機で作るよりも乾燥時間は圧倒的に早くなります。

しかし、電子レンジの場合は水分が少なくなってくると焦げ付きやすくなるので上手に乾燥させるには、こまめな時間調節が必要になります。

dsc01361

食品乾燥機は時間が掛かってしまいますが、焦げ付きなく乾燥させることが出来ますので安定して同じような干し野菜やドライフルーツを作ることができるかと思います。

電子レンジのようにずっと機械を見ている必要もないかと思います。

電子レンジの場合は短時間で乾燥をさせる必要がある場合などはメリットがあるかと思います。

焦げる手前くらいまでの乾燥を調節できるならメリットは大きいと思いますが、焦げてしまうと電子レンジに焦げた臭いがかなり付いてしまうのでご注意ください。

そのまま食べてみた結果は、焦げることを気にしない場合は電子レンジの方が乾燥温度が高いため野菜の香りが立ちカリッとした食感になりやすいのでスナック菓子のように食べやすい点はあるかと思います。

 

関連商品

食品乾燥機(業務用向け)

業務用食品乾燥機

仕様表

業務用の本格的な食品乾燥機です。安心の日本製です。
ドライフルーツや干し野菜、干し椎茸作りに!
多くの量を1度に乾燥させる際に適しております。

食品乾燥機 価格
プチミニⅡ   ¥ 90,000(税別)
ミニミニⅡ   ¥158,000(税別)
ミニミニDXⅡ ¥268,000(税別)

 

家庭用小型製粉器「コナッピー」

乾燥させた野菜や食品などを細かいパウダーにすることができる機械です。

家庭用製粉機 コナッピー

  • 1分間に2~3万回転の回転刃で乾燥食材を微粉末に!
  • 小型で場所を取りません
  • 家庭用100V電源で使用可能です
  • 容器や回転刃は取り外し後に水洗い可能です
  • ステンレス製で清潔にご使用頂けます
  • 粉砕後の細かさ:50µm~200µm(素材や状態により粗くなる可能性ございます)

コナッピー 仕様表

家庭用強力製粉機「コナッピー」の価格はこちらをクリック

 

 

ラボネクト株式会社の製品一覧、価格

ラボネクト製品

食品乾燥機や粉砕機などの取扱い製品一覧、価格はこちらをクリック

 

購入前に粉砕機・乾燥機のテスト可能です。

粉砕・乾燥 無料テスト受付中
当社にはテストルームがございますので、ご購入前に問題なく使用できるかなどご確認頂けます。

素材を当社にお送り頂いても問題ありませんし、お越し頂いての立会テストも可能です。

テストのご依頼などお考えの際はまずはお電話にてご予約ください。

 

ラボネクト株式会社 お問合せなど

メールでのお問合せは下記のお問合せフォームからお願い致します。

カタログ資料・価格表はメール添付にて送信可能なので、すぐにご覧頂けます。

ラボネクト株式会社へのお問合せ

ラボネクト株式会社 WEB

関連記事

[スルメの作り方]食品乾燥機でイカを干す簡単レシピ

家庭用食品乾燥機「ドラミニ」で作る簡単おつまみレシピ 今回はイカを干してスルメ作りを行いま

記事を読む

食品乾燥機ドラミニで作るドライキウイ

  家庭用食品乾燥機「ドラミニ」を使用したドライキウイの作り方をご紹介致しま

記事を読む

[おつまみレシピ]フードドライヤーでこんにゃくジャーキーの作り方

ラボネクト株式会社の家庭用フードドライヤーを使ったおつまみレシピ 今回はこんにゃくを乾燥さ

記事を読む

[植物の乾燥~粉末化]アスパラガスをパウダーに!

ラボネクト株式会社では食品乾燥機や乾燥後の野菜、食品をパウダーにすることができる機械の販売を行っ

記事を読む

柿 食品乾燥機

[スライスした干し柿の作り方]ドライフルーツメーカーで乾燥させます

ラボネクト株式会社では家庭用~業務用で使用できる食品乾燥機(ドライフルーツメーカー)の販売を

記事を読む

フードドライヤーでジャーキー作り

[簡単おつまみレシピ]焼き豚、焼き鳥で自家製ジャーキー作り

家庭用食品乾燥機「ドラミニ」を使った簡単おつまみレシピ 以前の記事でビーフジャーキー作りや

記事を読む

[海産物の乾燥]食品乾燥機でアジの開き・タコ・エビを乾燥&粉砕機で粉末に!?

ラボネクト株式会社の取り扱う食品乾燥機でアジの開き・タコ・エビを干物にできるかテストを行います。

記事を読む

野菜乾燥機でドライトマト作り!丸ごとorスライスで乾燥時間の差はでるのか!?

ラボネクト株式会社で販売している野菜乾燥機を使ったテスト例 今回はドライトマトの作り方です。

記事を読む

[ドライ・干しいちじくの作り方]食品乾燥機「プチミニⅡ」「ドラミニ」

大阪府堺市にあります「ラボネクト株式会社」です。 当社では果物や野菜をドライフルーツや

記事を読む

[干しりんご]冷やせばサクッとした食感に(ドライフルーツを作る機械)

ラボネクト株式会社で販売している自宅で簡単にドライフルーツを作ることができる機械「ドラミニ」

記事を読む

ご質問等ございましたらコメント欄から送信してください

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

グラニュー糖、砂糖を細かい粉末にする機械

グラニュー糖(砂糖)を細かい粉砂糖にするテスト例をご紹介致しま

[漢方薬・生薬パウダー]高麗人参の乾燥~粉末化

漢方薬・生薬を粉末にされたいというお問合せは当社に多く寄せられます

[野菜乾燥機と天日干しの乾燥比較テスト]じゃがいも・れんこん・玉ねぎ

ご好評頂いております人気企画「食品乾燥機と天日干しの乾燥比較テスト

[食品乾燥機・電子レンジの乾燥比較テスト]れんこん・大根・人参

ラボネクト株式会社では干し野菜やドライフルーツを作ることができる食

[短時間で野菜をカット]厚さ調節可能な電動野菜スライサーでかぼちゃをスライス

ラボネクト株式会社で取り扱っております「電動野菜スライサー」を

→もっと見る

  • ラボネクト株式会社
    TEL:072-242-8403
    FAX:072-242-8404
    メールでのお問合せはこちらをクリック
    〒590-0941
    大阪府堺市堺区材木町西1丁1-26-7F

ラボネクト株式会社


大阪府堺市堺区材木町西1丁1-26    

PAGE TOP ↑